【ユルい社長の気になるハナシ】

《日本人は無宗教?》

『結婚式は教会』『子供が生まれたらお宮参りに神社』『死んだらお寺でお葬式』。日本人には当たり前のことでも外国人には奇妙に映る。「どの宗教を信じているのですか?」

答の一つとして考えられるのは『日本人の多様な考え方』ではないだろうか。

昔から日本人は海外の文化を受け入れて、『日本流にアレンジする』才能に長けていた。宗教行事も同等と考えるのが妥当といえる。

例えばクリスマス。クリスチャンでない人もケーキを買ったりツリーを飾ったり、プレゼント交換などをしたりする。

欧米の習慣にならったと思いがちだが、生クリームとイチゴでデコレーションされたクリスマスケーキやチキンを食べるのが定番化しているのは日本だけである。

12月25日ではなく、24日のクリスマスイブが『本番』で盛り上がるのも日本だけ。『恋人とデートする日』と思い込んでいる向きも少なくないが、欧米では家族で過ごすのが主流である。

このように、本来は宗教行事であっても、日本流にアレンジされていく過程でどんどん宗教色が薄まっていき、宗教とは関係のない『イベント』として、独自の進化を遂げていった例は多い。

バレンタインにチョコレートを贈る習慣も、最近異常に盛り上がってきたハロウィンの仮装も同様だ。

『商業主義』と揶揄されても当然だが、一方では宗教や他国の文化を柔軟に受け入れる寛容な国民性の表れと考えられなくもない。

また誤解を恐れずに書くと、元来大部分の日本人が海外の人たちに較べて宗教に対する執着が少なく、一つの宗教にこだわりがないという事の表れともいえる。

「日本は仏教の国ではないのか?」と言われる事もあるが、そもそも日本人は昔からお寺も神社も混同して考えてしまう傾向はあったのである。

『節分の豆まき』は神社でもお寺でも行うし、『初詣』も成田山新勝寺や川崎大師などが毎年多くの参拝客を集めている。

豆をまいて災いを払ったり、年の初めに夢や希望が叶うようにとお参りする行為。

すなわち『行事(イベント)を楽しむこと』それ自体が大切なのであり、宗教が大事なのではないようだ。


【ユルい社長の気になるハナシ】

《日本のタクシーはなんで自動ドア?》

オリンピック・パラリンピック、ワールドカップ、万国博覧会など、国を挙げての一大イベントが開催決定すると、それに伴うインフラ(空港・高速道路・鉄道)整備や、新技術・新サービスが次々実用化される。

振り返れば、1964年の東京オリンピック開催が決定したとき、それに伴い登場したのは新幹線や首都高速道路である。

今でこそ笑い話だが、新幹線が開通したのは東京オリンピック開催の1964年10月10日のわずか9日前の10月1日である。関係者の労苦もひとしおだったろう。

ところで、東京オリンピック開催に伴い実用化された数多くのものの中に『タクシーの自動ドア』がある。

実はタクシーの自動ドアそれ自体は、1950年代後半にはすでに開発されていた。

それが1964年東京オリンピック開催をきっかけに、東京の大手タクシー会社がこぞって新車に導入したことから、一気に全国に普及することとなったのである。

もちろんそれは、東京オリンピックをきっかけに爆発的に増加する『海外からのお客様』をおもてなしするためであることは言うまでもない。

つまり、日本のタクシーの自動ドアは、外国人観光客への『おもてなしの気持ちの表れ』なのである。

現在、日本のタクシーは自動ドアが当たり前だが、海外ではまだまだ珍しく、日本独特と言っていいだろう。

海外から初めて日本に訪れた外国人観光客は、まず最初に成田や羽田で目にするこの自動ドアに驚嘆する。

このため仕事や留学で、日本の生活に慣れた外国人が、母国に帰った際、タクシーを停めてもしばらくドアが開くまでと待っていた、という笑い話まである。

さて、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、なんと今回はタクシーの自動ドアどころか、運転手無しでも目的地まで行ける『全自動運転車』が注目されている。

もちろん運行経路は限定的ではあるが、実用化に向けさらなる研究を期待する。