【ユルい社長の気になる話】

《香りが身体に取り入れられる4つのルート》

香りが身体に取り入れられるルートは4つ。
香りに含まれる物質は脳や体に入り、
それぞれの器官の働きを促す。

①嗅覚→脳

触覚や聴覚と異なり、嗅覚は脳に直接働きかける。
そのスピードは0.2秒以下と素早く、香りを嗅ぐと一瞬で脳が反応し、「心地よい」「イヤだ」と感情が動く。
芳香成分が鼻に吸い込まれると、鼻の奥の粘膜に付着。
織毛から脳内の扁桃体や海馬、視床下部に電気信号が送られ、心や体に働きかける。

②呼吸器→血液

芳香浴やアロマバス、フェイシャルスチームで呼吸とともに香りを吸い込むと、肺から血液へ芳香成分が入っていく。血液中の芳香成分は体内で効果を発揮する。
その後、血液とともに肝臓で分解されて汗や尿、吐く息の中に混じって体外に排出される。

③皮膚→血液

高濃度に凝縮された精油は、肌に使用するとき必ずキャリアオイルなどで希釈して使う。
精油の分子構造はとても小さく、スキンケアやトリートメントの際、外部刺激から肌を守るバリヤーを通り抜け、毛細血管やリンパ管に入ることが出来る。
そこから血液やリンパ液の中で全身を巡り、体内で効果を発揮する。

④消化器→血液

精油を食品に混ぜたりして、直接口に入れる摂取方法は、絶対に行わないこと。
消化器粘膜から血液に入り全身を巡るが、影響が強く出るだけでなく、排出するためにかかる負担で肝臓や腎臓にダメージを与えることがある。
ヨーロッパの医療機関などで治療に取り入れているが、決して行ってはいけない。


【ユルい社長の気になる話】

《アロマテラピーの作用》

植物の香り(精油)は『身体』『心』『肌』において、人間が本来持っている力を取り戻すキッカケを与えてくれる。

①『身体』のケアに効果を発揮

「鼻がつまったときミントの香りを嗅ぐと、鼻の通りがよくなる」「肩こりにはラベンダー入りのお風呂に入ると、力が抜け楽になる」など植物の香りは身体の不調に効果を発揮する。一つの香りがいくつかの違った症状に効果的なのは、精油が一つの成分で構成されるのではなく、実は数多くの有機化合物の集まりだから。その精油の構成成分の一部には、薬と同じような働きをするものもある。好きな香りを嗅ぐことは、心理的効果ばかりではなく、免疫力を高める身体を作るのにも役立つ。

②心のケアに効果を発揮

「気分が落ち込んだときに、レモンの香りを嗅ぐと気分が晴れる」「眠れない夜はカモミールのお茶を飲むと、寝付きがよくなる」など、アロマテラピーは心の不調にとても効果がある。精油の香りを嗅ぐことで香りの信号が脳に伝わり、自律神経を整えて、身体の機能を調整してくれる。心地よい香りが脳に働きかけて、リラックスしたり悲しみに耐えられるようになったり、心理的効果が期待できる。

③肌のケアに効果を発揮

鼻や口からだけでなく、肌からも精油成分は浸透する。精油成分の種類によっては、皮膚内で保湿成分を補ったり、引き締めなどの働きをする。ニキビ肌には抗菌・消毒作用のあるラベンダーやティートリーといったように、肌の状態に合わせた植物の力を活用することで、肌本来の回復力を高めることも出来る。抗炎症作用のあるラベンダーや肌の回復力を高めるフランキンセンスは、火傷や虫刺されなど、肌トラブルにも効能がある。香りがもつリラックス効果も、美容にはとても重要。美肌作りとアロマテラピーは、切っても切れない関係なのである。