銀行のトップを何故『頭取』と呼ぶのか?

『頭取』とは銀行のトップを指す言葉で、一般企業の社長に相当する。

なぜ銀行では社長ではなく頭取と呼ばれるのだろうか。

頭取の語源は、雅楽で主に管楽器の主席演奏者を指す『音頭取り』にある。

やがて、能や歌舞伎で小鼓を担当する三人のうち中央に座る主席奏者も『頭取』と呼ばれるようになった。

そこから「音頭を取る人」「集団をまとめる頭」という意味になり、歌舞伎などの劇場で楽屋を取り仕切る人や、相撲興行で力士を取りまとめる人が『頭取』と呼ばれるようになった。

ちなみに、『筆頭取締役』を略して頭取と呼ぶようになったという説もある。

そういった芸能関係で使われていた言葉が、銀行で使われるようになった経緯は、1869年に明治政府によって銀行の前身である『為替会社』が設立された際に、出資者を取りまとめる代表を頭取と呼んだことが始まりとされている。

それが、1872年に『国立銀行条例』が制定され、その中で呼び方を頭取にしていたことから、『銀行のトップ=頭取』が定着するようになった。

ただし、すべての銀行で代表者が頭取を名乗っているわけではない。

三井住友銀行は、『頭取兼最高執行役員(代表取締役)』、東京三菱UFJ銀行は『頭取』、みずほ銀行は『取締役頭取(代表取締役)』、りそな銀行は『取締役兼代表執行役社長』だ。

信用金庫では『理事長』としているところが多く、信託銀行の多くは『社長』と呼ぶ。また、インターネット専業の銀行も『社長』だ。

なお、『銀行の銀行』と呼ばれる日本銀行のトップは頭取でも社長でもない。最近は出過ぎの感もあり、みなさんすっかりおなじみの、黒田『総裁』である。