『北枕』が縁起悪いのは何故か?

睡眠時間の短いことで有名なナポレオンは1日3時間しか寝なかったとか。

ワーカホリック(仕事中毒)だった発明王エジソンは、毎日4時間睡眠だった。

偉業を成し遂げた人にはショートスリーパー(短時間睡眠者)が多いのか…

と思いきや、20世紀最高の天才とも言われるアインシュタインは、10時間以上のロングスリーパーだった。

変わっていたのはレオナルド・ダ・ビンチで、4時間おきに15分の睡眠をとっていたそうだ。

眠り方の流儀といえば、日本には『やってはいけないルール』がある。『北枕』である。

北枕とは頭を北側に、足を南側に向けて寝る事。

枕を北側に置くと「縁起が悪い」とされるが何故か?

日本では人が亡くなった後にお通夜を行う風習があるが、そこでは遺体を北枕で寝かせる。

つまり北枕とは亡くなった人の寝かせ方なのだ。

この起源は、仏教を興したお釈迦様の入滅にある。

お釈迦様が亡くなる時に、北の方向に頭を向けていたという説話から、「亡くなった人は北枕。だから生きている人は、北枕で寝てはいけない」という風習が生まれた、とされている。

ただし、仏教では北は『涅槃(ねはん)』、すなわち『悟りにより煩悩を滅した境地』の象徴。

亡くなった人の頭を北に向けるのは、「すみやかに涅槃に入ることが出来るように」という想いからだ。

そうすると、『北枕=亡くなった人の寝かせ方=縁起が悪い』というよりも、『北枕=悟りの境地に達するための寝かせ方』という解釈も成立するのでは?

そう思っていたら、仏教が生まれたインドや仏教国のタイでは「北枕で寝てはいけない」というルールは無いという。

つまり、仏教由来だが『日本オリジナル』なのだ。

ちなみに、『北枕は健康に良い』という説もある。

頭を北に向けると、南北に流れる地磁気の流れに沿って身体が平行になり血流が良くなるという理屈だ。

しかし、地球は丸いので、北枕にしたからと言って、地磁気に平行になる訳は無いのだが…